製品案内
製品名 銘柄 荷姿 入目
(紙袋)
特徴 備考
重質炭酸
カルシウム
微粒子
(エスカロン)
#2300
#2000
#1500
#800
#200
#100
紙袋
フレコン
ローリー
20kg
25kg
高度な粉砕分級技術により精製した超微粒子炭酸カルシウムです。 ポリオレフィン等衛生協議会

ポリオレフィン等合成樹脂製食品容器、包装等に関する確認証明


会員番号 C050
登録番号 NJ-0877




会員番号 C050
登録番号 NJ-4837




会員番号 C050
登録番号 NJ-0877
汎用品 A
特級
一級
特級#3
紙袋
フレコン
ローリー
20kg
25kg
30kg
汎用品として、ゴム、塗料、プラスチック等、ひろくご使用いただいております。
表面処理品
SCPシリーズ
E-#2300
E-#2010
E-#810
E-#110
E-#45
RE#2315

紙袋
フレコン

20kg
25kg
30kg
重質炭酸カルシウムの粒子表面を有機物により処理した製品で、超微粉製品から汎用製品まで各種銘柄を取り揃えております。
食品添加用 カルシーF 紙袋
フレコン
20kg
25kg
30kg
食品添加物規格品
砂状炭カル Gシリーズ 100
60
50
紙袋
フレコン
ローリー
30kg 0.3ミリ以下の白色砂状炭カルを用途目的に応じ分級精製したものです。  
粒状炭カル Kシリーズ K重炭
1
2
3
5
紙袋
フレコン
ローリー
25kg 0.3ミリ以上の白色砂状炭カルを用途目的に応じ分級精製したものです。  
寒水砕石
(白王砕石)
3分
2分
1分
8厘(7厘)
5厘
3厘
2厘
リシン用混合品
紙袋
フレコン
ローリー
25kg
20kg
30kg
0.5から10ミリまでの白色結晶石灰石を用途目的に応じ分級精製したものです。
一般建材用として好評を博しております。
 
その他 サンペレット 紙袋 25kg 後述 別紙カタログ参照 
ラインパウダー 紙袋 20kg
蛍石(弗化カルシウム) 紙袋 25kg

その他取り扱い商品

 製品物性試験表(1)

本社工場(岡山)


ページのトップへ

品名 試験項目
比表面積 平均粒子径 45μm篩残分 見掛密度 吸油量 DOP吸収量 白色度 水分
cm2/g Aμm Bμm % g/ml ml/100g ml/100g % %
#2300 23000 0.96 1.4 0.0 0.26 35.0 45.0 94.0 0.3
#2000 20000 1.11 1.8 0.0 0.29 33.0 43.0 94.0 0.3
#1500 15000 1.48 2.5 0.0 0.37 29.0 39.0 94.0 0.3
#800 13000 1.71 3.0 0.0 0.39 27.0 37.0 94.0 0.3
#200 11000 2.02 4.0 0.0 0.40 25.0 34.0 94.0 0.2
#100 10000 2.22 5.0 0.0 0.45 24.0 33.0 93.0 0.2
特級 8000 2.77 6.0 0.1 0.55 22.0 30.0 93.0 0.2
A 6500 3.42 7.0 1.0 0.60 20.0 30.0 93.0 0.2
一級 3500 6.35 13.0 1.0 0.70 18.0 25.0 91.0 0.2
特級#3 2500 8.89 20.0 1.5 0.92 16.0 23.0 91.0 0.2

測定方法へ

福島工場


ページのトップへ

品名 試験項目
比表面積 平均粒子径 45μm篩残分 見掛密度 吸油量 DOP吸収量 白色度 水分
cm2/g Aμm Bμm % g/ml ml/100g ml/100g % %
#2300 23000 0.96 1.7 0.0 0.28 33.0 42.0 95.0 0.3
#2000 20000 1.11 2.0 0.0 0.30 31.0 40.0 95.0 0.3
#1500 15000 1.48 2.8 0.0 0.38 28.0 38.0 95.0 0.3
#800 13000 1.71 3.5 0.0 0.40 24.0 36.0 95.0 0.3
#200 11000 2.02 4.0 0.0 0.45 23.0 34.0 95.0 0.2
#100S 9500 2.34 5.5 0.0 0.50 23.0 34.0 94.5 0.2
#100M 8500 2.61 6.0 0.2 0.55 22.0 32.0 94.5 0.2
A 6500 3.42 12.0 1.0 0.60 20.0 30.0 94.0 0.2
特級 5000 4.44 17.0 1.0 0.70 18.0 25.0 93.5 0.2
一級 3500 6.35 22.0 1.0 0.80 16.0 24.0 93.0 0.2
SFT-2000 2500 8.89 30.0 1.5 0.95 14.0 22.0 92.0 0.2

測定方法へ

 製品物性試験表(2)

食品添加物用炭酸カルシウム


ページのトップへ

検査項目 カルシーFシリーズ 検査方法
#2000 #6402 #9860
外観   白色微粉末 白色微粉末 白色粉末 目視
篩残分(45μm) 0.0003 0.008 0.003 JIS K5101に準拠
白色度B値 96.8 96.5 96.6 東京電色(株)反射率計(TC-6D)
見掛比重 g/ml 0.35 0.48 0.56 JIS K5101に準拠
平均粒子径 μm 2.00 4.00 7.50 マイクロトラック(×100)
CaCO3含有量 98.0以上 食品添加物公定書 第8版
塩酸不溶物 0.20以下
遊離アルカリ   紅色消失
重金属 μg/g Pbとして20以下
アルカリ金属及び
マグネシウム
1.0以下
バリウム Baとして0.030以下
ヒ素 μg/g As203として4.0以下
乾燥減量 2.0以下

(3)食品衛生法(昭和22年法律第233号)第52条の添加物製造業許可番号
岡山県指令 新保 第150001号、備北保 第090363号

(4)「カルシーF」の使用例
培地 ペットフード 歯磨き粉 漬物添加用
麺類 粉ミルク ガム 醤油
プレミックス粉 かまぼこ 焼き菓子 ビスケット
豆腐のにがり ふりかけ

(5)使用基準
炭酸カルシウムは、食品の製造又は加工上必要不可欠な場合及び栄養目的に限る。
カルシウム分として、チューインガムにあっては10%(特別用途表示の食品を除く)その他の食品にあっては1.0%(特別用途表示の食品を除く)。

測定方法へ

表面改質炭酸カルシウム(SCPシリーズ)


ページのトップへ

品名 試験項目
比表面積 平均粒子径 45μm篩残分 見掛密度 吸油量 白色度 水分
cm2/g Aμm Bμm % g/ml ml/100g % %
E#2300 23000 0.96 1.4 0.0 0.41 16.5 93.5 0.2
E#2010 20000 1.11 1.8 0.0 0.44 20.5 93.5 0.2
E#1510 15000 1.48 2.5 0.0 0.53 17.0 93.5 0.2
E#810 13000 1.71 3.0 0.0 0.66 16.5 93.5 0.2
E#110 11000 2.02 4.0 0.0 0.73 16.0 93.0 0.1
E#80 8000 2.77 6.0 0.1 0.88 15.0 93.0 0.1
E#45 2500 8.89 20.0 1.0 1.06 13.0 92.0 0.1
RE#2315 23000 0.96 1.5 0.0 0.47 23.0 93.0 0.2

測定方法へ

測定方法


ページのトップへ




吸油量:

試料に煮アマニ油を滴下しつつ練り合わせ、全体が鋼ベラで、ラセン状に巻き起こる点を終点とする。
(JIS・K5101)

煮アマニ油使用量(ml)×100
──────────────
試料(g)

DOP吸収量:

試料にDOPを滴下しつつ練り合わせ、全体がかたい一つの塊となる点を終点とする。

DOP使用量(ml)×100
──────────────
試料(g)

水分: 電子式水分計 <(株)島津製作所 EB-330MOCによる>
*カールフィッシャー水分計 <京都電子工業(株)><ダイアインストルメンツ製>
粒度分布: レーザー回析式粒度分布測定器 <日機装(株) HRAマイクロトラック(株)><島津製作所 SALD-2100)
*ロボットシフタ <(株)セイシン企業 RPS-85型>
比表面積: 試料を一定の多孔度をもつ圧縮体に成形し、その圧縮体を通過する一定空気量に対する抵抗の度合(通過時間)によって算出する1g当たりの表面積。(ブレーン透過法)
45μm篩残分: 45ミクロン篩で試料1kgを水洗いし、乾燥後に篩上残分秤量し、重量%で表す。
Aμm 比表面積径:

比表面積を測定した数値を利用し粒子が全て球形と仮定した場合の粒子径

        6
比表面積径 = ────────────
         試料の比重×比表面積

Bμm 平均粒子径: 重量累積粒度分布の50%径
見掛密度:

試料を目開き0.5mmの篩い上に採り、ハケで軽く掃いて、分散落下させ下に置かれた30ml容器に受け、その重量を測定する。(JIS・K5101)

容器内の試料の重さ(g)
──────────────
容器の容量(ml)

白色度: 反射率計 <東京電色(株) TC-6D型>

砂状炭カル・粒状炭カル


ページのトップへ

本社工場
分類 製品名 平均粒径 見掛密度
μm g/ml




G-100 65 1.05
G-60 85 1.2
G-50 180 1.25
K重炭 120 1.28




K-1(1厘) 270 1.32
K-2(2厘) 400 1.42
K-3 700 1.45
K-5 1400 1.45

寒水砕石


ページのトップへ

分類 製品名 粒度構成(mesh) 用途





 
 

3厘 18 〜 32

ガラス

飼料

農薬

塗料

テラゾー

合成樹脂

バンカーサンド

造園

建材

5厘 10 〜 18
8厘(7厘)  8 〜 10
1分 6.5 〜 8
1.2分 5 〜 6.5
1.5分 4 〜 5
2分 3 〜 4
3分 2 〜 3
5分 2 〜  

その他の製品概要


ページのトップへ

品名 入目(kg) 比重(g/ml) 組成 特徴
サンペレット 25 1.9 CaCO3 80% 樹脂分 20% ポリオレフィン系樹脂の改質材として分散良好
ラインパウダー 20 2.7 CaCO3 98.5% 手の荒れないグランドライン用パウダー

■蛍石(弗化カルシウム)
蛍石(弗化カルシウム)    成分
項 目 規格値
CaF2 95.0%以上
SiO2 5.0%以下
Al2O3 2.0%以下
Fe2O3 20.%以下

・特長
・天然の蛍石を粉砕、分級した白色微粉末の結晶性弗化カルシウムです。無味、無臭で安全性も高く非常に安定した物質です。
・耐熱性、耐薬品性などの物理、化学的に優れた材料です。
・屈折率も低く、電気を通しにくい電気絶縁性などの特性をもっています。粉砕、分級の設備も充実しており安定した品質の製品を作り出すことができます。

・物性
検査項目 STH#10
(HO#10)
検査方法
外観   灰白色粉末 目視
比表面積 cm2/g 2,500±500 ブレーン透過法
篩残分(45μm) 20.0以下 JIS K5101に準拠
白色度B値 70.0以下 反射率計(TC-6D)
見掛比重 g/ml 1.25 JIS K5101に準拠
平均粒子径 μm 35.0±5.0 マイクロトラックHRA
水分 0.20以下 カールフィッシャ
検査項目 蛍石粉末
真比重 g/ml 3.2
屈折率   1.43
沸点 2450
融点 1350
臭い   なし
検査項目 STH#100
(HO-#100)
検査方法
外観   灰白色微粉末 目視
比表面積 cm2/g 7500±1000 ブレーン透過法
篩残分(45μm) 0.10以下 JIS K5101に準拠
白色度B値 90以上 反射率計(TC-6D)
見掛比重 g/ml 0.83 JIS K5101に準拠
平均粒子径 μm 6.5±1.0 マイクロトラックHRA
水分 0.2以下 カールフィッシャ

・用途
光学ガラスのレンズ、石灰窒素の原料、不純物の除去用として製鋼業、セメント、製銑用など幅広く使用されているが本製品は、更に微粉砕されている為に他の無機材料同様に樹脂、塗料などの充填材として使用可能です。

その他取り扱い商品


ページのトップへ

分類 製品名 用途
軽石 石川ライト2号〜6号 吹付リシン・内装壁材・濾過用・園芸用
珪砂 フ リーマントル 内装壁材・鋳造
珪石粉末 純珪石粉末 塗料・接着剤・洗剤・ワックス
海石 鹿島石 外装壁材
銅スラグ ブラックダイヤ 塗料・建材・人口大理石・接着剤
白雲母 マイカ 塗料・内装壁材
蛭石 ヒルコン 耐火・断熱・園芸
沸石 ゼオライト 水処理・園芸・ペット用
セラミックサンド セラサンド 道路舗装用・外装壁材
セピオライト ミラクレー・ミルコン 粘度調整・アスベスト代替用
アタゲル アタパルジャイト 粘度調整用
タルク PKP-53S、FM-65、その他 樹脂・塗料・接着剤
クレー(カオリン)   塗料・塗工用・インキ用
緑泥石 CR-330 樹脂・塗料
シラスバルーン   断熱保温材・電気絶縁材・消化剤
木粉   建材・塗料・樹脂
紙粉   建材・塗料・樹脂
消石灰   食品・ブレーキ摩擦材・中和剤
生石灰 モイストップ 樹脂の気泡防止剤
硬質砕石 1号 レジコン
軽質炭酸カルシウム   ゴム・塗料・アルミ精錬・食品・接着剤
珪藻土   濾過助剤・煉瓦・土壌改良材・内外壁材
沈降性硫酸バリウム   塗料・樹脂
硫酸バリウム   樹脂・ゴム
陶石 セルベン 床材・塗料
玉石   庭園用・樹脂用
塩化マグネシウム    
パルプ粉 セルロード 合材プラント


戻る

HOME

次へ